カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

室屋の昆布トップ > 出し昆布 > 昆布じめ用昆布

「昆布じめ」ってなあに?


昆布じめとは昆布で締めたお刺身のことをいいます。

昆布じめの発祥地は富山県。
北前船で北海道から運ばれてきた昆布を活用して、新鮮なお魚をより一層美味しく食べるために考えられました。昆布じめにすると味に深みが出て、魚の種類によっては生よりも美味しく食べることができます。昆布のもつグルタミン酸と魚がもつイノシン酸の相乗効果で旨みが一気に増すからです。

また、数日間保存もききます。運送や冷蔵の技術が発達していなかったはるか昔、地元の美味しいお魚を遠方の方にも食べてもらいたいという富山県民の優しい気持ちが生み出した逸品といえるでしょう。冬の時期には雪の中に保存したということも伝えられています。

富山県民にとっては、昆布じめは愛してやまない存在で、切っても切れない生活に根付いた食品なのです。自分の好きな食材を使って昆布じめを作ってみませんか?お酒のおともに、おもてなしに、スローで贅沢な時間をお過ごしください。



より詳しく昆布じめのことを知りたい方はこちらをご覧ください。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜3件 (全3件)

1件〜3件 (全3件)

ページトップへ